人気ブログランキング |

一周忌




2月28日。ハナの一周忌です。
一周忌_b0275998_17425926.jpg


旅立って一年が経ちました。
昨年は、段々と暖かくなっていく季節に、感情が追いつかず、気がつけば春、夏、秋、冬があっという間に、過ぎていった思いです。



そして、ハナの一周忌に際して、沢山の方から、お花屋やオヤツなどを送って頂きました。
どうもありがとうございます。
まだお礼が出来ておりませんが、ハナも喜んでくれていると思います。
本当に幸せ者です。





「ハナちゃん? 帰って来たの?」


昨年のお盆に、庭に大きなショウリョウバッタが来ました。
ショウリョウバッタは、精霊バッタと書くそうです。




形が精霊流しの船に似ていて、お盆の時期に姿を表すことから、そう呼ばれているそうです。

そのバッタを見て、すぐに「ハナちゃん? 帰って来たの?」
とハナママと口を揃えて言いました。
そのバッタは、ハナのお気に入りだった場所に、数日身を潜めておりました。





ある時、ハナがいつもドスンしていた公園で、小鳥が逃げもせずに、僕にどんどん近づいて来た時がありました。

「ハナちゃん?」



動物や昆虫を見ては、
ハナが生まれ変わって、我が家に帰って来たのではないか、と思うことが何度かありました。





ハナちゃん、今どうしてますか?

何に生まれ変わりましたか?

鳥ですか?

虫ですか?

はたまた、風ですか?

それとも、まだゆっくりとしていますか?

ハナちゃんの生まれ変わりならば、それが何でも大歓迎だけど、

出来れば、またワンコになって我が家に帰って来て欲しいよ。



一周忌_b0275998_17473534.jpg












by hanahana426 | 2019-02-28 17:52 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(10)

最期の二日間




2月26日




午前3時
最期の二日間_b0275998_00512354.jpg




2度目の輸血から帰宅して1時間後。やはり玄関から、自分で大好きなベッドに移動しました♪
動くのがしんどくても、このベッドがいいのです。








朝8時半。ハナママは今日から入院。
最期の二日間_b0275998_00525618.jpg





この時ハナママは、涙しながらお別れの挨拶をしました。
ハナのなんとも穏やかな表情。






自分が手術中にハナが逝く可能性がある、と分かっていたと思います。
「ハナちゃん私が退院するまで、無理に待ってなくていいんだよ。」
そう話しかけていたのが印象的でした。
最期の二日間_b0275998_00530250.jpg





正直、この時のハナママは、自分の手術のことで頭が一杯でした。
ハナのことをあまり考えられる余裕がなかったのも事実です。手術の数日前からかなりナーバスになっていました。
命に関わる手術でしたから、当然のことであったと思います。




そして僕はこの日、ハナママを連れて病院へ付き添い。
深夜にハナを病院に連れて行って、ろくすっぽ眠れていないままの付き添いでした。

僕が病院へ行っている間は、我が家にレイちゃん家とクラちゃん家が来て下さって、ハナを見守って下さいました。



みんなハナがいつもお世話になっている方たちばかり。安心して過ごせたと思います。





夕方に病院から帰宅すると、トイレの前で横になっていました。
最期の二日間_b0275998_00583599.jpg




終日ほとんど何も食べなかったようです。






おトイレに外に出すと、そのまま駐車場で座り込んでしまいました。

最期の二日間_b0275998_00583962.jpg








動けなさそうだったので、焦りました。レイちゃん家に来て頂くと、あんよに乗ったオヤツを見て
最期の二日間_b0275998_00584247.jpg






パクッ♪

最期の二日間_b0275998_00584585.jpg



もう動けなくて、アウトなのかと思っていたところで、オヤツをパクッ。
何とも嬉しくなったものです。



玄関先まで担架で連れて帰った後も、オヤツをパクパク♪
最期の二日間_b0275998_00585107.jpg





もう造血が間に合うような量ではありませんでしたが、ただ食べてくれたことが嬉しかった瞬間でした。
ハナちゃん、今日も1日、生きていて良かったね。 動画にそう喋りかけている僕の声が残っていました。
これが、ハナが最期に食べたものになりました。







ハナちゃんをナデナデしないんでしゅか?
最期の二日間_b0275998_00585581.jpg






玄関で動けなくなったハナ。
もうじき旅立ちますよ。一杯ナデナデして下さいよ、とアピールしているように感じました。
最期の二日間_b0275998_00585924.jpg



沢山撫でてやりました。





過去に投稿した動画と重複する部分もありますが、この日のこと、新たに編集しました。






睡眠不足でぐったりだったこの日、僕は早めに寝ました。








2月27日



朝7時半
最期の二日間_b0275998_01553913.jpg



この日はハナママ手術の日。
僕は朝から病院へ付き添いに行きました。

昨日に引き続き、レイちゃん家、クラちゃん家にハナをお願いしました。

ハナのことが心配でしたが、同時にハナママも手術が不安そうだったので、付き添ってやらねばという思いでした。

手術が無事に終わり、摘出したものを外科医さんに見せて頂きました。

ハナママの麻酔が解けて意識が戻ってから1時間半位話をして、帰宅。

まずはひとつ、大きな肩の荷が降りました。






16時。家に着くと、朝からこの場所のままでした。
最期の二日間_b0275998_02003474.jpg







食べ物を用意しても、要りましぇん。
最期の二日間_b0275998_02034733.jpg




わずか2日前に買ったばかりの24個入りの療養食の缶詰。
結局1缶あけて、それも一口も食べず仕舞いでした。



この日は、お水さえ飲もうとしなくなっていました。

動物は死ぬ前は水を飲まなくなる。。と聞いていたので、その時は近いのだろうと感じました。






それでもこの日の夕方帰宅した時は、こんなに穏やかな顔をしてくれていました。











どんな時でも、外でしかチッコをしようとしなかったハナが、暗くなってくると、玄関先でそのままおもらししました。
最期の二日間_b0275998_02052815.jpg





もう動けないんだね、ハナちゃん。





歯茎も真っ白になっていて、きっと今日明日あたりで、旅立つのだろうと、分かりました。





最期の瞬間はどんな風になるのか、全くわからなかったけれど、ただ覚悟を決めて、連れ添ってやろうと思いました。
最期の二日間_b0275998_02094496.jpg





夜が更けるに連れて、段々と呼吸がゆっくりになって行き、ぼんやりと眠そう、そして、少ししんどそうにも見えましたが、
「とても痛くて苦しんでいる」、という感じではありませんでした。
最期の二日間_b0275998_02105663.jpg





いいよ。ついているよ。

大丈夫だよ。

何があっても、こちらは動じずに見守ってやろう、それが飼い主の最期の責任だろう、と決意していたように思います。






最期の1時間半は、ちょっと容態が変わって、ゼーハーゼーハーと呼吸が荒々しくなりました。
最期の二日間_b0275998_02113035.jpg





それでも、じっと僕の顔を見つめて、これから旅立つからちゃんと見ていて下さいよ!そういう決意の顔をしてくれました。








旅立つ10分前。沢山ナデナデしてやり、沢山話しかけてやりました。
最期の二日間_b0275998_02164052.jpg



ハナはしんどくて、僕の声など聞いている余裕はなかったかもしれません。

人間の単なるエゴかもしれませんが、感謝の言葉を伝えて、帰っておいでよ。とも何度も伝えて。


午前1時7分。僕の腕の中で、看取ることができました。


多くの人と愛に支えられて、犬生を全うしてくれました。









by hanahana426 | 2019-02-28 02:31 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(4)


今日は先程まで、東京タワーの真下のレコーディングスタジオで収録でした。
綺麗にライトアップされていました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_19123806.jpeg




という訳で、帰りながらブログ更新です。




昨年のハナの闘病を振り返ります。



2月22日





輸血をした次の日。朝起きると自分で洗面所に移動していました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09394465.jpg




昨日で終わっていたかもしれない命。

病院の先生曰く、一度輸血すると、短くて3日、長くて2週間くらいだろうと。

ここからは、本当に本当のおまけに時間。

血管肉腫で倒れてから、これまでの2ヶ月間はエクストラボーナス。

今度は、エクストラエクストラボーナス。


考えると切ないですが、今起きている現実を踏まえて、そう思うようにしました。

この日は特に、沢山の想い出話と、感謝の思いと、お葬式はどうするか、など、語りかけてやりました。

これから旅に出る我が子に、両親が、「あれは持ったか?これは準備したか?〇〇には気をつけるんだよ。」

と色々声をかけるような感じに近かったかもしれません。


輸血をさせて頂けたお陰で、ありがたいことに、最期の準備をさせてもらえました。




サクちゃんママが、ブログを読んで朝一でお見舞いに来て下さいました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09410781.jpg




サクラちゃんの時の体験談や、葬儀場はどこが良い、など忌憚のないお話を伺えてありがたかったです。





おトイレくらい自分で行けましゅよ
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09503132.jpg





歩ける喜び♪

エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09521089.jpg




まさかの自力で起き上がってのおトイレ。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09523675.jpg





まだ帰らなくていいでしゅ。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09525647.jpg




もう2度と見られないだろう、と思っていたいつもの表情が見られて、ものすごく嬉しかった朝でした。





お家はまだいいでしゅ。

エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09543856.jpg



玄関につないで、外の空気を沢山吸わせてやりました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09554172.jpg



ご飯も手渡しで、食べてくれました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09570104.jpg




外を通る人をじっと、眺めていました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_09573195.jpg






夕方に、葉山の海ちゃんママが来て下さって、段差のないようにと玄関用にスロープを貸して下さいました。
他にも介護に役立ちそうなグッズを、沢山貸して頂きました。ありがたかったです。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10014947.jpg


いつまで続く命かわかりませんが、想像していたよりは具合が良さそうです。







2月23日




クラちゃんママが、朝お見舞いに来て下さいました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10092377.jpg






この日も自力でチッコ♪
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10093708.jpg




嬉しそうだし、力強い足並みです。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10094254.jpg





この日は安静を心がけて、終日家でゆっくり。
看取るのは自宅。そう決めていました。


エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10104520.jpg





夕方、レイちゃんママが来て下さって大喜び♪
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10110394.jpg





このまま後は病院に連れて行かずに、看取る。
そう考えていましたが、
自分で歩いておトイレにも出れるし、意外と持ち直したのではないか?

そう考え、現状を把握するために、夕方病院に連れて行くことにしました。
心が揺れていた時期でした。



エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10112176.jpg






病院に着くと、先生たちが担架ごと抱えて、検査室へ連れて行ってくれます。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10133983.jpg




偶然シェルティーのソラくんに会えました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10135656.jpg






ソラははさんとパパさんが沢山触って下さいました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10141403.jpg





ソラくんは、その後も闘病を頑張って、7月30日に旅立たれたそうです。
改めて、お悔やみ申し上げます。






食パンのアゴ枕♪
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10143079.jpg


検査の結果、血液の濃度を示すPCVの値が低いので、可能であれば、明日朝イチで、もう一度輸血出来るとより良いとこと。
無理を承知で、静岡のmuckママさんに連絡させて頂くと、快諾して下さいました。
とてもありがたかったです。




この日は造血剤を射って頂きました
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10144113.jpg





2月24日




この日も自力でチッコ♪
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10175491.jpg



ふう
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10175720.jpg






少し嬉しそうです。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10184596.jpg






静岡からmuckママさんが、まさきくんを連れて、供血に向かってくれています。



ハナも車に乗って病院へ向かいます。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10193378.jpg




病院の前で、まさきくん、歓待してくれました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10195151.jpg




ハナはmuckママさんの娘さんから、オヤツを沢山頂きました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10222051.jpg



何だか、普通に元気そうに見えました。



まさきくん、供血が終わって病室にも来てくれました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10204421.jpg






ゴハンも頂きました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10205699.jpg




輸血の前に血液検査すると、PCV値が上がっていました。今度は下手に輸血をすると、元気になりすぎて、別のリスクが出てくるとのこと。輸血は先に取っておくことにしました。たぶん低空飛行をする方が安全だという判断であったのだと思います。



muckママさん達には、ろくろくお礼の挨拶も出来ないままお別れとなりました。
静岡から高速を飛ばして朝イチで、湘南まで来て下さって、本当にありがたかったです。




帰りの車。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10251159.jpg



何を考えていたかな。ハナちゃん。




帰りにお花屋さんに寄りました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10252162.jpg




お花屋さんが、車まで来てくださって




むむ。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10252885.jpg




ハナちゃんにオヤツでしゅね。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10254359.jpg




車に乗ったまま、オヤツを頂きました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10254691.jpg



輸血をしなくても大丈夫になったこと。
そして、いざという時の輸血の血も用意して頂けたこと。
とても心強く感じました。



2月25日


昨日、輸血をしなくて大丈夫と言われましたが、
この日は元気なく朝から動こうとしませんでした。

エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10280347.jpg





食欲もなく、脱衣所から動こうとしません。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10280927.jpg




夕方になっても、目にも力がありません。

エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10295522.jpg



夜に葉山の海ちゃんママが来てくださったのですが、
その間もずっと動きませんでした。
深夜にかけてハアハアし始めます。

輸血に行った方が良いだろうと直感的に分かりました。


翌日から入院予定のハナママ。
流石に深夜に病院に行くのは無理です。

海ちゃんママさんが、代わりに一緒に病院に付き添って下さいました。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10321736.jpg





まさきくんから頂いた血を入れてもらいます。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10322617.jpg



この日は担当の堀先生がお休みで、他の先生が
対応して下さいました。

これまでは、生理食塩水をある程度入れてから輸血をしてきましたが、この時は、血が薄くならない方が良いだろうとのことで、割りとすぐに輸血に入りました。


エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10340170.jpg

輸血が進んで持ち直すと、元気になってご飯♪

エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10341857.jpg



血が入って元気になると、まるで、何事もなかったかのように、ケロッとなります。
残酷な病気です。




帰宅したのは午前2時半。
エクストラエクストラボーナス♪_b0275998_10344439.jpg



海ちゃんママさんは、それから葉山に帰られました。
付き添って下さって、本当にありがたかったです。



1度目の輸血から2度目の輸血が必要になるまでの時間短さから、事態の深刻さを感じて帰宅した日でした。


by hanahana426 | 2019-02-27 19:09 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(2)

よく頑張った2月21日



ハナの昨年の闘病を振り返ります。





2月21日



午前1時。夜間緊急の保田病院に駆け込みました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10312343.jpg



心嚢水は溜まったままでした。
・心臓はちゃんと動いているので、下手に今心嚢水を抜かない方が良いこと。
・極度の貧血が起きているので、そのことで、ハアハアしていたのだろうこと。
・下手に処置するより、かかりつけの病院に、明日連れて行ってもらう方が良い


との診断。貧血が進行して診療台の上で寝てしまいました。



午前2:46帰宅。ゴーゴーと寝てしまいました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10313289.jpg





朝、起き上がれません。何か食べさせようとすると、まったく受け付けません。
よく頑張った2月21日_b0275998_10314786.jpg








ベッドに乗せておトイレに出すと、そのまま苦しそうに倒れこみました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10320205.jpg





大好きなレイちゃんママが駆けつけてくれましたが、起き上がりません。
よく頑張った2月21日_b0275998_10320460.jpg




このまま病院に連れて行かないと、ハナの命が終わる。
そう思いました。


「このまま、今日看取る?」


そんな言葉が自分の口から出て来ました。
ハナにはまだ生きて欲しいけれど、無理な苦しい延命は嫌であったこと。
ハナママの病気の手術日が迫っていたので、それと重ならずに今なら看取れるかもしれない、
色々な思いがあって、出て来た言葉だったと思います。


ハナママの「このままじゃ、ハナちゃんが死んじゃうよ。病院に連れて行こう」

の一言で、思い直し辻堂犬猫病院へ。





12時半。点滴開始。足に寄りかかって甘えます。
よく頑張った2月21日_b0275998_10331381.jpg



点滴をしてもらって、少し安定して来ました。(生理食塩水だったと思います)




今日が最期の日かもしれないと思い、最後にドッグアロママッサージをしてやろうと思いました。
数日前に、アロマボールを下さったハンナママさんにやり方を伺うと、
病院まで駆けつけて施術して下さいました。

よく頑張った2月21日_b0275998_10340549.jpg



とてもありがたい時間でした。


それから、カイままさんとお話をさせてもらい、きいろくんに供血をお願いすることにしました。
輸血はしないで、見送ろうと思っていたのですが、実際にその瞬間が訪れると、考えは変わるものですね。






16時40分。ソラくんときいろくんが病院に来てくれました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10350845.jpg





お忙しい中を、来て下さって、心から感謝の思いでした。
よく頑張った2月21日_b0275998_10361373.jpg





きいちゃん。助かりましゅよ。
よく頑張った2月21日_b0275998_10475936.jpg






18時36分。2時間かけて血を提供してくれたソラくん、きいろくんをお見送り。
よく頑張った2月21日_b0275998_10421257.jpg






すぐに輸血開始。
よく頑張った2月21日_b0275998_10370747.jpg





少しづつ元気になって来ました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10373499.jpg




200ccの提供とのお話でしたが、よく伺うと、最初にテストで100cc取ってみて、
とても状態が良さそうだから、そこからもう200cc頂いたとのこと。全部で300ccの血をきいろくんから提供してもらいました。






先生から現状の説明。
よく頑張った2月21日_b0275998_10381098.jpg





おそらく血管肉腫が全身に転移して起きている、貧血に起因するものではないかと。
心嚢水も溜まっているし、腫瘍も大きいので色々あったかもしれません。







20時。食べる元気も出て来ました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10381244.jpg


ゆっくりと輸血をしてもらって、帰宅したのは深夜25時。







生きて我が家に帰って来れました。
よく頑張った2月21日_b0275998_10513849.jpg






担架を玄関先に置いたのですが、自力で起き上がって、ベッドへ。







ここがハナちゃんのベッドでしゅ。
よく頑張った2月21日_b0275998_11014018.jpg




そうだよね。ハナちゃん、家に帰って来たら玄関じゃなくて、ベッドでゴロンしたいよね。







すぐに大事なオモチャや、枕を並べてやります。

よく頑張った2月21日_b0275998_11014928.jpg






幸せそうです。
よく頑張った2月21日_b0275998_11015612.jpg




最高でしゅ
よく頑張った2月21日_b0275998_11042879.jpg





この時の、なんとも安心して、幸せそうなハナの顔が忘れられません。

このベッドは、ハナが家に帰って来て一番安らげる場所なんだ、と改めて認識しました。

もうすぐ一年経ちますが、いつハナが家に帰ってきても良いように、このベッドだけは今もこのままなのです。





そして旅立ってしまう前に、沢山話しかけてやりました。








長い長い1日、頑張った1日でした。
多くの方の助けに支えられて、生きて家に帰ってこれました。







大変な1日でしたが、それ以上に多くの方の愛に支えられた、幸せな日であったと今は思います。







by hanahana426 | 2019-02-26 12:02 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(3)

お散歩できた最後の日



2月19日




パソコンを調べると、何故かこの日だけ、写真が一枚もありません。

お散歩できた最後の日_b0275998_10104340.png



写真がないと、何をした日だったのか、さっぱり思い出せないものですね。

「ハナのことは、忘れない!」と思っていても、たった一年。記憶力などあてにならないものです。



考えられるのは、僕が朝から仕事で、お散歩はすべてハナママに任せたであろうこと。
一年前のスケジュールとメッセージを調べると、その通りでした。



追記。ハナママが送ってくれた2月19日の写真を見つけました。
お散歩できた最後の日_b0275998_11265566.jpeg


近所の公園でドスン。カリカリ2/3食べて、レバーは殆ど食べなかったようです。
1時間以上お散歩したようなので、ゆっくりと幸せな1日であったと思います。




2月20日

普通にお散歩できた、最後の日です。





家の前を通る子を、物見の塔からチェック。
お散歩できた最後の日_b0275998_10172267.jpg




気に入らない子が通ると、吠えておりました。
温厚で人が大好き、お友達ワンコも沢山いる子でしたが、やはり嫌いな子、苦手な子はおりました。








行きましゅよ。
お散歩できた最後の日_b0275998_10192132.jpg





よく食べて、よく歩いてくれた日でした。
鶏のササミ200gと豚レバー120gを食べてくれました。
一度下がった調子が戻って来て数日。
嬉しかったです。
お散歩できた最後の日_b0275998_10243746.jpg






池の公園は行かなくていいでしゅ。
お散歩できた最後の日_b0275998_10251458.jpg





行きましぇん
お散歩できた最後の日_b0275998_10254938.jpg




池の公園の入り口まで歩いてこれただけで凄いのに、本人は298秘密基地を所望しておりました。







嫌でしゅ。
お散歩できた最後の日_b0275998_10272184.jpg






なだめて、池の公園へ
お散歩できた最後の日_b0275998_10272569.jpg






むむ!あれは!
お散歩できた最後の日_b0275998_10553788.jpg





レイちゃんパパはおりませんでしたが、他の管理人さんが触ってくださいました。






まいーうでしたペロン♪
お散歩できた最後の日_b0275998_10273841.jpg





ここで、お肉を300g食べたあとなのに、カリカリ90gも平らげてくれました。
そしてこれが、最後の池の公園となりました。







帰り道も駄々こねて
お散歩できた最後の日_b0275998_10274369.jpg




沢山食べて、沢山歩いてくれて、造血も進んでいるかな?
と希望を感じた日でした。





夕方はハナママがお散歩に行ってくれたのですが、これまた沢山歩き、コンビニまで行きたがったそうです。


後の祭りになってしまいますが、

「朝、沢山歩いたから、夕方のお散歩は無理せず少しでいいよ」と一言、伝えておけば良かった。

そんなふうに思います。

二人して張り切って、
朝夕で沢山お散歩させてしまいました。




朝、夕と頑張って沢山歩いたハナ。夜7時半
お散歩できた最後の日_b0275998_10355022.jpg




ご飯を食べません。疲れてしまったようです。







午後10時。呼吸が苦しくなって来たようで、ハアハアとしだしました。
お散歩できた最後の日_b0275998_10363758.jpg



この日の動画です。(注意。後半は苦しそうなハナが映ります。)






この症状が、いつものことなのか、病気が進行したのか、ハナママと口論になりました。
今見ると、どう考えても具合が悪そうに感じるのですが、
当時は暑いだけで、同様にハアハアとなることが何度もありましたので、判断が難しかったのです。




しばらく様子を見ていたのですが、悪化して行く感じがしたので、
結局、夜間診療の病院へ連れて行くことにしました。
朝夕と元気だったのに、急転直下。
沢山歩きすぎて、出血が進んでしまったのでしょうか?



病院に着くと25時でした。


明日へ続きます。。





by hanahana426 | 2019-02-25 10:59 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(0)

最後の海♪



気をつけておりましたが、風邪をこじらせてしまいました。
病院の薬を飲んで、よく休むようにしています。





昨年の闘病中のお散歩を振り返ります。







2月18日





まだでしゅか
最後の海♪_b0275998_16010079.jpg





玄関扉が開くのを待ってます。







この日はベッドを天日干し♪
最後の海♪_b0275998_16021926.jpg






お散歩に出ると、玄関先でドスン。少し休んで起き上がります。







歩きましゅよ。
最後の海♪_b0275998_16033217.jpg




はいはい。






大っきいボールありましゅよ。
最後の海♪_b0275998_16053687.jpg






じーっと見つめるだけでしたが、隣の駐車場で、大きなボールを見つけました。
身体が弱っていても、こういう気力があることが嬉しかったです。








チッコだけ済ませると庭に戻って、お水。
最後の海♪_b0275998_16080650.jpg





ペロン♪
最後の海♪_b0275998_16101509.jpg






歩きたくない日なのだ、と理解しました。
最後の海♪_b0275998_16121861.jpg





お庭で鶏のササミ会。
最後の海♪_b0275998_16125514.jpg








食べたら元気になったようで、改めてお散歩に出ました♪
最後の海♪_b0275998_16135960.jpg







同じ血管肉腫で闘病中だったベリーちゃんに会えました。
最後の海♪_b0275998_16150269.jpg






同じ病気で頑張っている子がいる、ということに勇気付けられました。







記念にツーショット♪
最後の海♪_b0275998_16175450.jpg




ハナよりも年上のベリーちゃんがまだまだ頑張っている。






まだ犬生楽しむわよ!!
最後の海♪_b0275998_16214645.jpg







イチョウのある公園まで行って、ベリーちゃんままからオヤツを頂きました。
最後の海♪_b0275998_16224768.jpg




ハナはきっと、ベリーちゃんが一緒だったから、この日、イチョウの公園まで歩けた気がします。









げっ
最後の海♪_b0275998_16243099.jpg







この日の夕方は、ムギちゃんが来てくれました。迷惑そうな顔。(笑)










ハナがこうして歩ける時間は、もう長くないだろう。

でも今ならまだ海に行ける。





思い立って、急遽車で材木座海岸に行きました。
最後の海♪_b0275998_16271954.jpg




駐車場から海まで歩くのも一苦労だったと思います。






でも嬉しそうです♪
最後の海♪_b0275998_16274907.jpg






海の方に行きましょう
最後の海♪_b0275998_16282716.jpg




弱々しく、のそのそ歩きでしたが、お顔はニッコリ。






最期の幸せを噛みしめました。
最後の海♪_b0275998_16284090.jpg











沈みゆく夕日が、ハナの終焉と重なり、ものすごく切なく感じたのを思い出します。
最後の海♪_b0275998_16300156.jpg





沖を見つめて
最後の海♪_b0275998_16301311.jpg





これから行く、向こうの世界を眺めていたかな。












ハナちゃん、寂しいけど、向こうはきっといい所だよね。
最後の海♪_b0275998_16314071.jpg




一緒に過ごせる時間もあとわずか。





行ったことを後悔したくなるくらい、切なさのこみ上げた夕日でした。

でも行って良かった。ハナがニッコリしましたから。


そしてこれが、ハナと行った最期の海になりました。







by hanahana426 | 2019-02-23 17:00 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(2)

ネコの日


犬派の僕は知りませんでしたが、2月22日は、ネコの日だそうです。

ちなみに犬の日は11月1日だそう。







ハナの振り返り、今日は多忙のため、夜にする予定です。
ネコの日_b0275998_14065352.jpg








by hanahana426 | 2019-02-22 14:10 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(0)




2月17日
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11460331.jpg






ピタッ
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11483061.jpg



どうした?







ジロッ
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11460677.jpg




あ、歩くより、オヤツだな・・・

一緒にいると、何気ないジェスチャーでハナがどうしたいか、分かったものです。





ペロン♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11462001.jpg



この日は、びっくりする量を食べてくれた日でした。

そして同時に歩きたがった日でもありました。

前日ゆっくり家で過ごして、復活したように感じました。


食べて食べて、造血に励んでくれました。






ハナちゃんは、まだ行けましゅよ。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11462882.jpg





しゃあ
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11463143.jpg








ハアハアしながらも、ニコニコ。歩きたがります。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11464624.jpg



気づけば池の公園の入り口。






池の公園をスルーして、298秘密基地を目論んでいるようです。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11495232.jpg






諦めてもらって、池の公園へ♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11505411.jpg







わかってましゅね?
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11525806.jpg






ここでも沢山食べてくれました。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_11551625.jpg





カリカリもレバーも食べてくれて、嬉しかったものです。







レイちゃんパパが公園の清掃から戻ってきて大喜び♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12051753.jpg








ハナちゃん、大っきいのと、小さいのとあるよ。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12030953.jpg




ベシッ
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12575519.jpg



ベシッの力が、もはやあまりなかったように、記憶しています。






沢山オヤツ頂いて♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12573161.jpg






近所のおじさん連中が、雑談を始めると、小石をカミカミ。
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_13040041.jpg







帰り道の尻こすり坂
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12590202.jpg




後何回来れるだろうと、と思いながらシャッターを切りました。







オオイヌノフグリを見つけて、少し春を感じて
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12061802.jpg




帰宅後のお庭での一コマ♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12065483.jpg


元気な1日でした。
オリジン130g と鳥レバー200gを2時間のピクニックで平らげました。

張り切って食べさせ過ぎてしまい、夕方に闘病以来初の下痢となりました。
難しいものです。








夜にカイままさんから、リトルのぬいぐるみが届いて、ご対面♪
元気だった日。池の公園へ♪_b0275998_12071109.jpg







今日もポチっとお願いします^^
by hanahana426 | 2019-02-21 13:16 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(0)


風邪をひいたようです。喉がイガイガ。
悪化しないように気をつけないとですね。




ハナの病気が進行して、苦しそうになったのが、2月20日深夜。
それ以降、旅立つ2月28日まで、2度の輸血と安静の日々でした。

ですので、普通にお散歩を出来たのは、2月20日の夕方までになります。


2月16、17、18、19、20日と、ハナの犬生最後のお散歩5日間を、何回かに分けて、振り返ります。




2月16日





立派なシッポのハナコさん。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_18470411.jpg



この日も、梅林を抜けて畑へ。







罠にかかっていたタヌキ、どこかへ連れて行かれたようです。残り香をクンクン。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_18501084.jpg





囚われたタヌキの命と、ハナの命。どちらも同じ命。
タヌキ、殺処分されないで欲しい、と思ったものです。







歩かなくていいでしゅ。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09233439.jpg




この日はすぐに家に帰りたがりました。歩く元気がなかったのだと思います。







家に戻って、お庭でハナママから鶏レバーをもらいます。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09231862.jpg







お昼。家に入れてやりますが、誰か通るたびに気になるようです。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09281368.jpg





歩けないけれど、外を感じていたかったのだと思います。
寒いけれど、玄関を開けておいてやります。






13時。ハナちゃんとお庭にでましぇんか?
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09294239.jpg






14時半。一人で通行人監視♪
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09293018.jpg



15時を過ぎると




お庭のパトロールしましぇんか?
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09340360.jpg




元気が無くても、お庭の中なら、安心して歩ける、そう思っていたのだと思います。






15時半。下校途中の小学生が、庭のハナに気づきます。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09363932.jpg







みんな、ハナの病気を知っていて、「ハナちゃん、大丈夫?」と言いながら、ワチャワチャしてくれました。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09381411.jpg





記念に一枚♪
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09355794.jpg




子供が帰った後も、お庭におりました。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09395026.jpg




嬉しかったかな。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_10082585.jpg



庭がハナの安心できる、最後の砦だったのだと思います。



夕方はハナママがお散歩。
思いの外、歩いてくれたようです。





夜8時。





ご飯まだでしゅか?
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09404189.jpg






この時は、台所に来ることも嬉しく感じたものでした。
食欲がある証ですから。






大阪から送って頂いた手作りご飯を温めて。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09434784.jpg







こぼしながらだけど、手渡しで一口づつ、食べさせてやりました。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_09453370.jpg




この日の動画です








起こさないでくだしゃいよ。
お庭のパトロールで過ごした日♪_b0275998_10010236.jpg



はいはい。ごめん!




2月16日。歩かなかった日。
病気が進行したのではないか、もうダメになるのではないか、と不安になったものです。

ただただ、そばにいてやりました。








by hanahana426 | 2019-02-20 10:07 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(2)

ハナカレンダーを見ると、今日は雨水(うすい)

雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める頃、という意味だそうです。



闘病記振り返りです。




2月13日(火)




これは何でしゅか?
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11500180.jpg





この日の朝、大きな荷物が届きました。





大阪のFuママさんが、ハナへ救援物資を送って下さいました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11500465.jpg





majunさんというお店の、手作りごはん。
食が落ちて、試行錯誤をしていた時期に、とてもありがたかったです。





何だか元気そう?
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11501898.jpg




こっち行きましゅよ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11502963.jpg




それは298秘密基地への道
諦めてもらうと






じゃあこっちでしゅ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11503412.jpg




少し付き合ってやると






この先、行きましゅよ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11504556.jpg



その先は、渓谷。上り坂のきつい場所。




ハナちゃん、そっちは大変だからやめよう!





嫌でしゅよ
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11505485.jpg




渓谷の先にはお肉屋さんがある訳でも、何でもないのです。
ただ、遠くまで歩いてお散歩したい。まだ家には帰りたくない。そういう意思表示だったと思います。


2月5日に食が落ちて、心嚢水2cmと診断されて以降、お散歩は控えめにして来ました。
ハナ自身もあまり歩きたがりませんでした。

が、日を追うにつれ、少しづつ歩く距離が戻って来ていました。
嬉しい悲鳴でした。





ママはいましゅか?
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11514341.jpg






家に帰ってくると、ハナママを探し、玄関ではなく、このまま窓から家に入りました。
少しでも楽をして歩いて欲しかった時期。






2月14日




朝は梅林から畑へ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11554763.jpg




タヌキがまだ罠に入ったままで、ハナは気にしていました。







ホップちゃんとご挨拶

まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11555195.jpg




闘病末期は、何故かホップちゃんと一緒になることが多かったです。







お散歩から戻ると、ムサシくんがお見舞いに来てくれました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11561282.jpg





ムサシくんが帰った後は、辻堂犬猫病院へ。心嚢水がどうなったのか気になります。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_11562384.jpg




次はハナの番です。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12004767.jpg




我が家のように、病院の廊下で寝そべります。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12005916.jpg





まだでしゅか?
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12011882.jpg


心嚢水は2cmから1cm減少。ありがたいことに、少し吸収されていました。
ハナが少し歩きたがり出したのも、うなずけます。

白血球、赤血球は少しだけ回復。
一方で血小板は減少。


あれだけ頑張ってレバーを与え続けたのに、少しだけの回復であったこと。
そして悪くなる値もあるのか・・・

この結果を、どう捉えて良いのか。
考えても、結論は出ません。

結局のところ、今元気であること。今日1日が笑顔で楽しいこと。そのことが全て。

そういう考えに至ります。





病院が終わると、率先してバディーズさんへ♪
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12012190.jpg






すっかり常連さん。まったりとゴロンさせて頂きました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12012490.jpg




バディーズさんには、本当に感謝の思いで一杯です。






15時。帰宅すると、庭の日陰にいたがりました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12012855.jpg







2月15日はポカポカ日和。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12015781.jpg





この日、大袋のフードが届きました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12031026.jpg



もうあまりカリカリを食べないのは分かっていました。

この大きな一袋を使い切るより前に、多分ハナは旅立つだろう・・・そう思っていました。

小さな袋のフードを、ハナの様子を見ながら、数日単位で調達する方が、良いのは分かっていました。

でも、出来なかった。

最初から諦めているみたいで、嫌だったのだと思います。


(結局このフードは大量にあまり、葉山の海ちゃんママさんに引き取って頂きました。)




最高気温16度。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12020141.jpg






尻こすり坂、行きましゅよ!
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12040900.jpg



どうすべきか考えましたが、







ハナちゃんなら大丈夫でしゅよ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_13561253.jpg



目でそう伝えてくれました。







息を切らしながら一休み。嬉しそうです。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12042532.jpg






生きているのですから。調子が悪くても、最後まで楽しまないと!

そういうハナの意思表示にも感じました。









折角買った、カリカリは拒否。
豚レバーを渋々。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12043850.jpg





頑張って食べてくれます。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12044918.jpg





分かってましゅね?
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12050745.jpg




298日秘密基地を却下すると





とても不満そうでした。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12051398.jpg




悔しいですが、振り返っても、やはり無理だったと思います。







ストレスが溜まらないように、探せ!をやって気を紛らわせてやりました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12052607.jpg




それから落ちていた木の枝を支給して、バリバリと破壊。ストレス発散しました。





帰りの尻こすり坂。後何回この道を歩けるだろうか・・・そう思い記念撮影
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12055381.jpg








こっち行きたいでしゅよ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12055507.jpg




ハナの歩きたい欲が戻って来たのは、明らか。
心嚢水が減って、心臓の負担が減ったからかな。
でも食欲は、それほどは戻っていません。






午後は、愛おしそうに、庭を満喫。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_14044958.jpg






ハナちゃんのお庭でしゅ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_14053378.jpg




レイちゃんママがお孫さんと一緒に、手作りのおやつを持って来てくださいました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12062926.jpg





夕方17時。嬉しそうです。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12173376.jpg





お花屋さん行きましゅよ。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12173546.jpg

はいはい。







黒サボテンがあったのですが、ちょっと場所が高くて、飛び上がることが難しいハナは断念。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12173763.jpg



元気なときだったら、間違いなくパクッとしたことでしょう。

実はこの手袋、その後、しばらくそのまま置きっ放しでした。
ハナが旅立った後も、同じ場所にかかっていました。

この手袋を見かけるたびに、あ、ハナがパクッとしなかったから、まだここにある。
そう思うと、この世とあの世をつなぐものの象徴のように感じたものです。




うろこ雲が見えました。
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12173921.jpg



頑張ってお花屋さんに到着♪
まだ、お散歩したいです♪_b0275998_12174749.jpg





2月13日、15日の動画です。







体調が少し上向いているかも??と感じつつ、楽観はできなかった時期。

いつまで生きられるか、と変に期待を持って考えることはなかったように思います。

明日旅立つかも、常にそんな覚悟をもって見守っていました。



ハナ自身がそれを感じていたんじゃないかな。







by hanahana426 | 2019-02-19 15:00 | ハナの思い出 | Trackback | Comments(0)