地球を感じて



今日の鎌倉は午後から雪。
ハナが旅立って以来の雪かな。

数時間は振りましたが、今は止んで雪は溶けてしまいました。






2月9日
b0275998_19124723.jpg




食が落ちて4日目。
食の細くなったハナは、いつものフードボウルにご飯を入れても食べません。
それがドライフードではなく、焼きたてのいい香りのする、豚レバーでも同じです。

どうやら、食べ物をまとめて置いてある事自体が、食べる気力をなくすのだ、ということに気がつきました。
こんなに沢山の量を食べられない=いらない。

そこで、一切れずつ食べ物を見せて、口元に持って行ってやると、ペロリ。

えらいねえ。ハナちゃんは。

そうやって褒めてやりながら、また一切れ。

これを何十回も繰り返すことで、ご飯を完食してくれました。

あげる方も根気がいりますが、

人間が励ましながら、気を送ってあげることで結果が変わりました。






そこにオヤツを隠しましたね♪
b0275998_19223064.jpg





食べ飽きたり、もういらいないとなった時は、食べ物を隠して、探せ!をしてやると、喜んでペロリ♪

本能的に、オヤツ探し=楽しいこと♪
身体がそう認識しているのですね。

食べなくていい。本人がそう思っていても、楽しいと食べちゃう。






ササミ見つけまちた♪
b0275998_19270291.jpg




よく見つけたねえ。




動物は人間より、単純で素直。

結局のところ、如何に気持ちが大切か、生きよう!楽しもう!というモチベーションが大切かを痛感しました。

人間も本当は同じなんだと思います。







そこまで歩きましょう♪
b0275998_19284605.jpg






まだ帰らなくていいでしゅ。
b0275998_19332651.jpg






ゆっくりとつきあって、一時間お散歩しても、家には入りたがりません。
b0275998_19375524.jpg







この頃は、残り少ない時間を家の中で過ごすよりも、
少しでも外の風や空気、匂いを感じさせてやりたい、そう思っていました。





お庭でぼんやり
b0275998_19422337.jpg




この時のハナに出来る最高の贅沢。

残された今世、この地球の自然を少しでも多く噛み締めていてくれたかな。




ハナちゃん、ここの家の周りの匂いをちゃんと覚えていて、帰ってくるんだよ。




そんなことも思い始めていた時期。







ハナちゃんと、お庭で一緒に過ごしましょう
b0275998_19463848.jpg






庭に出ていくと、股に顔を突っ込んで、甘えてくれました。
b0275998_19485023.jpg







こういった些細な動きも段々とつらく、大変になっていた頃なので、ハナも頑張って意思表示してくれていたと思います。
b0275998_19485326.jpg







鳥の鳴き声、近所の騒音、風の香り、満喫してたかな。
b0275998_19520312.jpg





そろそろ家に入る?








まだでしゅよ。
b0275998_19542616.jpg





地球を最後まで感じて欲しい、楽しんで欲しい、そう願っていました。








by hanahana426 | 2019-02-09 19:58 | ハナの思い出 | Comments(0)