スリッパはコミュニケーションツール





2歳の夏。お散歩から帰ると、靴箱の下に顔をうずめています
b0275998_10221494.jpg





ハナちゃん!









呼びましたか?
b0275998_10155376.jpg





歳を重ねてからは、
(1)呼んでも来ない
(2)オヤツがあれば飛んでくる。


という感じでしたが



2歳のころは、呼ばれると、遊んでもらえるもの・・・そう認識してくれていました。








スリッパありましゅよ。
b0275998_10205292.jpg










ありましゅよ
b0275998_10175871.jpg




器用に両手で抱えて、見せびらかしているのです。







アグ
b0275998_10161799.jpg



両手で大げさに抱えながら、視線はこちらを向いています。



ハナにとってスリッパは、壊すオモチャというより、家族に遊んでもらうためのツール。
自分が楽しいフリをしたりするのに、欠かせません。

そんな訳で、咥えこそしましたが、スリッパが履けないくらいボロボロにされることは、あまりありませんでした。








先っちょの噛み応えが最高でしゅよ。
b0275998_10162701.jpg


はいはい。







とりゃぁ
b0275998_10163635.jpg




遊んでほしいのが伝わってきます。





スリッパは、飼い主の匂いがして安心するのか、お留守番の間は、いつもあごの下に敷いていました。



僕が仕事から家に帰宅すると、玄関までお迎えに来て、そのままスリッパをもって逃げること、数百回。
おトイレに入って出てくると、トイレの前で脱いだスリッパを咥えて逃げること数百回。
玄関を開けると、スリッパを外に咥えて持っていき、お庭で遊びましょうアピールすること数百回。



ともかく、一緒に遊んでもらうためのツールでした。
欠かせないアイテムでした。



旅立つ時、寂しくないように、棺のハナの顔のそばに、スリッパを入れてやりました。


今もアゴの下に敷いてくれていると思います。







今日もポチっとお願いします^^
Commented by 丼ちゃんまま at 2018-08-22 16:41 x
こんにちは😃暑さが戻ってしまいましたね😵

スリッパを使ってのアピール。小さい頃から大事なツールだったのですね。
最近は若い頃のハナちゃん登場で、ちょっとお転婆でやんちゃなハナちゃんに会えて嬉しいです。
そうそう、ママさんお手製のうさこさん可愛いですね✨
今でもお家のあちこちでスリッパ咥えてドスンしていますよね(^^)きっと

by hanahana426 | 2018-08-22 14:08 | ハナの思い出 | Comments(1)